お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/20

日本のヘアカラー第一人者が語る!成功への切り札は?

「日本の美容をひっくり返す!」という強い思いと海外で培った経験があったから、日本のヘアカラー技術を革新してこれた

  • 西海 洋史/CALON(カロン)

実家が美容院だったことから、自然と美容の道へ進んだという西海さん。なんとく過ごしてしたという、美容学校時代から美容学校の教員時代。海外生活にあこがれて渡英した時に、一気に人生が変わります。夢を持てていなくても、、どこで何に出会い、それが成功に繋がるのか、じっくりお聞きしました。

西海さんはご実家が美容室だとお聞きしています。子どもの頃から、美容師になろうと決めていたのですか?

実は、美容師になる気はそんなになかったんです。ただ、高校卒業後の進路を決める際に、「美容師の免許さえ取っておけば、いつかは家業を継げる。だから取得しておいて欲しい」と親に言われて、美容学校に進みました。美容学校を卒業したあとは、縁あって美容学校の教員になったんです。当時は、いずれは実家の美容室を継ぐんだろうな、とぼんやりと考えていたので、その前に子どもの頃から憧れていた海外生活をしてみたいと思い、美容学校を辞めて渡英したんです。

西海 洋史

1967年、神奈川県生まれ。カラースペシャリスト。ロンドンでヘアカラーリストとしての経験を積んだ後に帰国し、1997年に原宿にヘアサロンをオープン。2007年からはフリーのカラーリストとして、全国で技術講習の講師として活動する傍らカラー剤の商品開発などにも携わる。2012年、銀座にヘアサロン「CALON」をオープンした。

CALON(カロン)http://www.calon-ginza.com/index.html
東京都中央区銀座5-13-19 デュープレックス銀座タワー 5F

ヘアカラーとヘッドスパに特化した技術を提供する東銀座のヘアサロン。専門的な毛髪診断と髪を傷めない予防ケアで、カラーすればするほど髪が美しくなると評判を集めている。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ