お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/16

技術を磨き続けた真のプロフェッショナルならではの経営観

経営者である以上、事業を大きくするべきなのか真剣に考える時が来る

  • 倉田 正樹/enfleurage AOYAMA(アンフルラージュ アオヤマ)

柔らかな物腰が魅力的なヘアメイクアーティスト・倉田正樹さん。その印象とは裏腹に「生涯現役でいたい」という発言には、プロフェッショナルとしての強い矜持を感じさせます。現在、青山と銀座にふたつのサロンを展開する経営者としての顔も持つ倉田さんに、現在のポジションを確立するまでの苦労や独自の経営観についてお話しいただきました。

美容師として働き始めた20~30代の頃のエピソードを教えてください。

20代の頃は仕事がうまくいかず、苦悩の日々を過ごしていましたが、「カットの上手い一流の美容師になる」ことを目標に努力していました。その甲斐あって30代前半で店長を任された頃には、指名してくださるお客様が増え、ピーク時には15分刻みに予約が入っていることも。多忙を極めると同時に、「自分は日本一カットが上手い美容師だ」と思い込んで天狗になっていました(笑)。しかしある時、天狗の鼻をへし折られる出来事が起こったんです……。

倉田 正樹

アンフルラージュ代表
ヘアメイクアーティスト
多くの女優やモデルのヘアメイクを手掛け、雑誌や広告でも活躍中のヘアメイクアーティスト。2000年頃に起こった「カリスマ美容師」ブームを牽引するひとりとして脚光を浴び、以降、美容業界の第一線を走り続けている。

enfleurage AOYAMA(アンフルラージュ アオヤマ)http://enfleurage-salon.com/
東京都港区南青山4-5-18

東京・青山の閑静な住宅地に佇む「enfleurage AOYAMA」は、一軒家をそのまま店舗にしたビューティーサロン。ゆったりと流れる上質な時間を味わいながら、美に関するトータルケアを受けられる大人のための空間だ。系列店として、銀座の並木通りに「enfleurage rangée(アンフルラージュ ランジェ)」を構える。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ