お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/08

「猫好き」だけでは絶対に上手くいかない、猫カフェ開業への道

「ねこんかつ」、「猫楽」……集客の鍵は独創的なイベントだった

  • 秋元結海(あきもと ゆみ)/ニャフェ・メランジェ

今では一般的な認知度も高く、業態として確立している「猫カフェ」ですが、比較的早い時期に開店した「ニャフェ・メランジェ」では集客に苦労したとのこと。オーナーの秋元さんに開店後の集客方法などについてお話をお聞きしました。

秋元さんが猫カフェを始めた理由について教えてください。

元々うちのお店は放送作家やリサーチャーの所属事務所が母体なんです。昼夜問わず忙しい業界なので、体調を崩すスタッフも多かったんですよね。中にはメンタルに不調を訴える人もいて。そんな姿を見ているうちに、みんなが癒されるような場を提供したいなと思うようになり、それが猫カフェだったんです。私自身も猫が大好きで自宅で飼っているんですが、疲れて帰宅しても飼い猫の顔を見るだけで元気をもらえるんですよ。猫カフェに行くと頭を空っぽにして楽しめて、そういうのもいいなと思っていました。

秋元結海(あきもと ゆみ)

東京・恵比寿の猫カフェ「ニャフェ・メランジェ」のオーナー。構成作家やリサーチャーが所属する事務所の役員も務める。所属スタッフの癒しの場になれば……という想いから2009年に「ニャフェ・メランジェ」をオープン。

ニャフェ・メランジェhttp://www.nyafe-melange.com/
東京都渋谷区恵比寿1-7-13 麻仁ビル恵比寿3F

ニャフェ・メランジェ
22匹の猫がのんびりと暮らす「ニャフェ・メランジェ」。猫カフェでありながら、“ねこんかつ”という名の婚活イベントをスタートさせ、多数のメディアに取り上げられる。また三遊亭一門の噺家による“猫楽”という落語イベントも不定期開催。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ