お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/01

現場経験ゼロから飲食業界へ――新進気鋭の若手会社経営者が語る、成功への想い

当たり前のことでも別の角度から見ることで新たな発見がある

  • 中元 孝太/株式会社ヴィクセス

2010年に飲食事業で起業を果たした中元孝太代表取締役社長。飲食店の現場経験ゼロからのスタートだったが、今では新進気鋭の若手経営者として注目を集めるまでに。起業・経営への想い、ビジネスアイデアの発想方法など、ヴィクセス中元とは、どんな人物なのか、その秘密を探ってみた。

中元 孝太

株式会社ヴィクセス代表取締役社長。1984年生まれ。専門学校卒業後、2社でのサラリーマン経験を経て25歳で独立。たくさんの仲間に出会い、新たな挑戦をしていきたいという考えから、現在、スタッフ1万人企業を目指して邁進中。

株式会社ヴィクセスhttp://viccess.biz/
東京都渋谷区円山町15-4近藤ビル4階

株式会社ヴィクセス
東京・神奈川を中心に、イタリアンバルなど全国26店舗(プロデュース店舗含む/2016年8月時点)の飲食店を運営する株式会社ヴィクセス。2010年にライセンス業態である「UeCONA渋谷道玄坂離れ」をオープンし、以降、ワインバルや焼肉店といった自社業態の店舗を各地で展開している。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ