お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 叶えた人インタビュー
  • ブロカントで統一された趣きのある店内と、スパイスを楽しめるお茶や料理。心地よい類稀れな空間が人々の心を離さない阿佐ヶ谷のカフェ

2018/04/09

ブロカントで統一された趣きのある店内と、スパイスを楽しめるお茶や料理。心地よい類稀れな空間が人々の心を離さない阿佐ヶ谷のカフェ

夫婦でできるお店を…7年間、夢を温めてオープンした場所に人が集まってくれるのが何より嬉しい

  • 松村えり/cafe spile

大通りから一本入った住宅地にひっそりと佇む、阿佐ヶ谷の隠れ家的カフェ「cafe spile」。古道具が散りばめられた居心地のいい店内には、地元の主婦はもちろん、カフェに馴染みの薄い高齢のお客様やランチに訪れる会社員など、老若男女が集う。オープンから5年。着実にファンを増やしてきた秘訣を探りました。

知らない土地での開業よりも、知っている土地で。夫婦でスタートさせたカフェ

――とても素敵なカフェですが、起業したキッカケを教えてください。
もともとホテルで働いていて接客をすることが好きでしたので、お客様が集える空間をいつか持ちたいという願望はありましたが、お店のことを具体的に考え始めたのは2005年くらいからです。主人と私はバイクが趣味なので、最初はどこか田舎でペンションとかライダーズハウスのような宿泊施設がしたいね、と話していました。そこで、山梨や長野の物件などを何年かかけて見て回っていたのですが、いきなり慣れていない土地で生活し始めることを考えると、冬のオフシー…

松村えり

ホテルスタッフ、会社員を経て2012年6月、阿佐ヶ谷に念願の『cafe spile』をオープン。会社員をしながら7年間、お店のために接客や料理を勉強し続けてきた努力家でもある。ホールと企画・運営を手がけ、料理と経営はご主人の敦さんが担当。バイク、ツーリングは夫婦共通の趣味。

cafe spilehttp://cafespile.com
東京都杉並区阿佐谷南 3-4-22

居心地のいい空間、丁寧な接客、スパイスの効いたボリューム満点の料理が相まって、20代〜70代まで幅広いファンを抱えるカフェ。カフェメニュー以外にも、30種類を超えるフードメニューを誇り、ランチも充実。"ブロカント"をテーマにした店内は、朝から晩までお客さんで賑わっている。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ