USEN まるっと店舗 DX

モデル店紹介WORLD BEER TERMINAL KAEN

オーダー業務の負担を大幅カット!提供サービスの質まで上げる店舗DX

WORLD BEER TERMINAL KAEN:メイン画像

熊本市内、下通にある『WORLD BEER TERMINAL KAEN』は、街中では珍しい大型のビアガーデン。座席数は店内、テラスを含めると約130席あり、“TERMINAL”を意識した店内ではたくさんの人が行き交います。そんな『WORLD BEER TERMINAL KAEN』では、お店のオープン時からタブレットPOSレジ、モバイルオーダーシステム、キャッシュレス決済などのDXサービスを導入。“導入しない選択肢はなかった”と話すオーナーの鍛島さんに、導入の意図やそれによる効果、また今後のDXサービスへの期待についておうかがいしました。

導入サービス

  • Uレジ FOOD
  • Uレジ Mobile Order
  • Uペイ

テラス席の接客、飲み放題のオーダー業務というホールでの課題を解消

モバイルオーダーシステムの「Uレジ Mobile Order」に関してですが、これはもうテラス席と抜群に相性が良いですね。『WORLD BEER TERMINAL KAEN』では店内席とテラス席を合わせると約130席、空間も分かれているので、もしオーダー業務をスタッフで行うとなると相当な人数が必要になってしまいます。でもそれはちょっと現実的な店舗運営とは言えないですよね。「Uレジ Mobile Order」では、お客様自身のスマートフォンから好きなタイミングでオーダーが可能になるので、ホールスタッフの人数は最小限に抑えられますし、何より、お客様を待たせるということがなくなります。実際にスタッフの人件費は大幅に抑えられていますし、オーダー業務の負担を減らすことで料理やドリンクの提供スピードのアップ、さらにはクオリティのアップにまで繋げられています。この部分での効果は非常に大きいですね。
また、このお店では飲み放題のプランも提供しているのですが、これがまた「Uレジ Mobile Order」との親和性が高い。お客様はスタッフを探す必要がないので滞りなくオーダーができますし、お店側としても作ることに専念ができます。うちのようにドリンクが多く出るお店や飲み放題を行っているお店にとっては特に「Uレジ Mobile Order」のメリットが大きく感じられると思いますよ。

WORLD BEER TERMINAL KAEN:イメージ画像1

課題を武器に変えて「Uレジ Mobile Order」の活用率約100%の運用を実現

「Uレジ Mobile Order」はオープン時から導入しているのですが、準備段階から大箱でやることは決まっていたので、オーダーを一つひとつスタッフが受けるということは選択肢として持っていませんでした。人手のかからないDXサービスで、全く新しいオーダーシステムが出たというのをUSENの営業の方からおうかがいして、迷わずに導入を決めましたね。当時は新型コロナウイルスが蔓延する前だったので、非接触のオーダーシステムの認知が薄く、“このお店はオーダーも取りに来ないのか”というようなクレームをいただくこともあったのですが、そういう問題が起きた際には、その日のうちに社内ミーティングを行い、改善策を投じることで、現在では、ほぼ100%「Uレジ Mobile Order」からのオーダー受付を実現しています。
何か新しいことを取り入れる際には、必ずそれに対する不安があると思うんです。それはお店を利用していただくお客様にとっても同じことで、だからその不安をどのようにケアしていくかが重要になります。うちのお店では、最初に既存のメニュー表とQRコードの紙を両方持っていき、“このQRコードから注文ができるんですよ、よかったらどうぞ”というような「何か面白いそうなもの」と捉えていただくための説明を補足することで課題をクリアしていきました。

WORLD BEER TERMINAL KAEN:イメージ画像2

社を挙げてDXに取り組む理由はお客様へのサービス還元

現在、「WORLD BEER TERMINAL KAEN」を運営するダイヤモンドブルーイングでは社を挙げて店舗のDXを推進しているのですが、なぜそこまでしてDXに取り組んでいくかというと、それは提供サービスの向上であり、お客様への還元が前提にあるんですよね。店舗DXというと、業務効率化であったり、省人化という方向にどうしても目が行ってしまうと思うのですが、その先のお客様を見据えなければやる意味がない。DXサービスを導入して、それらを使用すること自体が目的になってしまったらせっかくポテンシャルのあるサービスだとしても活用できていることにはならないと思っています。
JR熊本シティアミュプラザくまもと内にできた新店舗の「THE SEAFOOD BEER STATION」では、配膳ロボットの「Servi(サーヴィ)」やデジタルサイネージ、AIカメラの「U EYES」など、新たなDXサービスを取り入れ、さらなる店舗のDXを図っている最中ですが、そこでも、クラフトビールを楽しんで飲んでいただくためにはどうすれば良いのか、ということを常に考えながら運用改善を進めています。店舗DXの実現、そしてお客様への普及は簡単とは言えません。ただ、最良のサービスを提供するための武器として捉えることで、運用方法が見えてきますし、その実現が我々にとって大きな意義があるのではないかと考えています。

WORLD BEER TERMINAL KAEN:イメージ画像3
WORLD BEER TERMINAL KAEN:店舗画像

WORLD BEER TERMINAL KAEN

熊本発、クラフトビールメーカーのダイヤモンドブルーイングが手掛けるニューヨークスタイルのビアガーデン。熊本県産の特産品や農作物を使ったオリジナルビールが味わえるほか、カルチャーの発信地として不定期で開催される音楽イベントも楽しむことができる人気店。

URL
https://akr2724143327.owst.jp/
住所
熊本県熊本市中央区下通1-3-1 NADELビル5F