お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

【農業関連】市補助事業

  • 三重県四日市市
  • 健康・医療
  • 創業・起業
  • 販路・需要開拓
  • 事業再生
  • 設備投資

登録機関:三重県四日市市

目的

いずれの補助金も予算の範囲内で交付します。事業内容・事業費を明確に区別することができる場合は、複数の補助金を活用することができます。
 ただし、過去に同種の補助金を利用された人で、補助金額が上限に達している場合は利用できない場合があります。また、同一内容で他の公的機関から資金交付を受けている場合はご利用いただけません。

支援内容・支援規模

○新規就農者支援事業費補助金
新しく農業を始める人を支援します。
・対象者
 認定就農者(「青年等就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法」に基づく就農計画の認定を受けた人)、または認定新規就農者(「農業経営基盤強化促進法」に基づく青年等就農計画を市に承認された人)。農業後継者は対象外です。
・補助対象経費
 新規に就農するための農業用機械・施設等の初期投資にかかる費用。(ただし、農地取得費は除く)
・補助率等 補助対象経費の2分の1以内(ただし、上限100万円)。

○企業等農業参入支援事業費補助金
市内に農業参入する企業等を支援します。
・対象者
 市内で農業を行う企業等で、次のいずれにも該当すること。
 1、農業専従者を1名以上配置していること。
 2、農業部門にて市内在住者を雇用していること。
・補助対象経費
 新規に農業参入するための農業用機械・施設等の初期投資にかかる費用。(ただし、農地取得費は除く)
・補助率等 補助対象経費の2分の1以内(ただし、上限200万円)。

○優良農地復元化事業費補助金・奨励金
耕作放棄地の農地への復元化を支援します。
・対象者 
 農地利用者(農地法または農業経営基盤強化促進法に基づく貸借権・利用権を設定して耕作を行う人)。
・補助対象経費
 3年以上耕作放棄されているおおむね10a以上の農地の復元にかかる経費。
・補助率等 
 補助対象経費の2分の1以内(ただし、上限10aあたり30万円)。
 申請者自身が復元する場合は、奨励金を10aあたり5万円以内。
 注:補助金と奨励金を重複して申請できません。
 復元2年目に土壌改良を行う場合は、奨励金を10aあたり2万5千円以内。

○市民菜園整備事業費補助金
市民菜園の整備に必要な経費を助成し、市民菜園の開設を推進し、市民の健康づくりや生きがいづくりに寄与するとともに、使わなくなった農地などの有効利用を図ります。
・対象者
 市内の農地に市民菜園を開設する農家・市民団体等。
 (ただし、農地法上の開設手続きが完了していること)
・補助対象経費
 市民菜園に設置する給排水設備、農機具類、保管庫、看板等。
 菜園は複数名の利用があるもので、開設後5年以上利用されること。
・補助率等 補助対象経費の2分の1以内(ただし、上限30万円)。

○食と農のふれあい推進事業費補助金
地産地消を推進し、農業への理解を深めるため、農家や地域住民の行う、子どもたちを対象とした農業体験や調理実習等の食育活動を支援します。
・対象者 市内の農水畜産業者、市民団体等。
・補助対象経費
 農業体験を行う時の原材料費、講師料、備品代、印刷費等。
 ただし、体験は次のいずれかを満たすこと。
 1、自己所有農地で栽培体験を行うこと。
 2、地元農水畜産物を利用すること。
 3、地元農水畜産業者の指導・監督の下に行うこと。
・補助率等 補助対象経費の2分の1以内(ただし、上限20万円)。

○アグリビジネス支援事業費補助金
農業の新しい取り組みを支援します。
・対象者
 1、認定農業者。
 2、3戸以上の農家により構成される組合等。
 3、その他上記と同様のものとして市長が認める者。
・補助対象経費
 <ソフト事業>
 ○自家農産物のPRや直接販売を行うために開設するホームページ・パンフレット類の作成経費
 ○自家農産物をPRするためのイベントへの出展料、原材料費
 ○自家農産物やその加工品の商標登録や自家農産物の品種登録にかかる出願料
 ○新たに導入する品種の種苗費
 ○法人設立経費
 <ハード事業>
 ○直売・加工等に係る小規模な施設・機械の整備
・補助率等
 <ソフト事業>
 補助対象経費の2分の1以内(ただし、上限20万円)。
 事業費が10万円以上のものが補助の対象。
 <ハード事業>
 補助対象経費の2分の1以内(ただし、上限25万円)。
 事業費が10万円以上のもの。且つ、事業費が50万以上が対象となる経営体育成支援事業を活用できないものが補助の対象。

○四日市市GAP等認証取得推進事業費補助金
「GAP」・「HACCP」の認証取得を支援します。
・対象者
 1、市内に住所を有する認定農業者等。
 2、次のすべての要件を満たす市内に所在する農業生産組織等。
  ア.代表者の定めがあること。
  イ.組織及び運営に関する規約が定められていること。
  ウ.経理が一元化され、又は組織の口座を設けていること。
 3、その他上記と同様のものとして市長が認める者。
・補助対象経費
 <ソフト事業>
 ○認証取得のための初回、維持及び更新審査に係る経費(審査員の交通費及び宿泊費を含む。)
 ○初回認証のために受ける指導に係る経費(指導者の交通費及び宿泊費を含む。)
 <ハード事業>
 ○認証取得のために必要な設備の改修・整備及び資材の導入に係る経費。
・補助率等
 <ソフト事業>
○JGAP/HACCP:補助対象経費の2分の1以内(ただし、上限10万円/回)。
○ASIAGAP:補助対象経費の5分の3以内(ただし、上限15万円/回)。
○GLOBALG.A.P.:補助対象経費の3分の2以内(ただし、上限30万円/回)。
 <ハード事業>
○JGAP/HACCP、ASIAGAP、GLOBALG.A.P:補助対象経費の2分の1以内(ただし、上限50万円)。

募集期間

随時

問い合わせ先

四日市市役所 農水振興課
〒510-8601 四日市市諏訪町1-5
TEL059-354-8180 FAX059-354-8307
E-mail:nousuishinkou@city.yokkaichi.mie.jp

WEBサイトへ

PAGETOPへ