お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

平成30年度事業

飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費等の一部助成事業

  • 埼玉県さいたま市
  • その他

登録機関:埼玉県さいたま市

目的

い主のいない猫を増やさないために、市内に生息する飼い主のいない猫に去勢・不妊手術を行なった方に、手術費用の一部を助成します。
また、手術を受けた猫に対し、同時に、他の猫に感染させるおそれのある感染症及び寄生虫病に係る検査、予防接種及び治療処置(以下「その他の処置」という。)を実施した場合、その費用の一部を助成します。 
この制度は、飼い猫は対象ではありません。
飼い猫に対する繁殖に関わる適切な処置は、動物の愛護及び管理に関する法律第7条第5号に飼い主の努力義務として規定されています。
市に迷い猫として引取りを求められる猫の多くが幼若な猫となっており、現実的には、引取られた猫がすべて新しい飼い主の下で生活できるようになるわけではありません。
しかし、どのような環境に生息している猫であっても尊い命であることから、本制度はこれ以上不幸な命を産み出さないための施策の一つとするものです。
市民の皆様には、ご理解、ご協力をいただきますようお願いします。

対象者の詳細

住民基本台帳に記載されている市内に在住の方(市内に在勤で市外にお住まいの方は、対象となりません。)

※動物の愛護及び管理に関する法律により、飼い猫については、その所有者が繁殖に関する適切な措置を講じることが努力義務として規定されています。
そのため、本市では、飼い猫に対する助成事業は実施していません。

支援内容・支援規模

手術に要した費用のうち、去勢手術(オス)4,000円 不妊手術(メス)8,000円、その他の処置の費用として1,000円を上限に助成します。

募集期間

平成30年度の事業は、平成30年4月1日から平成31年3月31日までとなります。
(予算の範囲内での助成のため、申請状況により期限前に終了することがあります。)

申請期限 手術後1か月以内。ただし、3月中に手術した場合は平成31年3月31日(日曜日)まで。

問い合わせ先

保健福祉局/保健部/生活衛生課 
電話番号:048-829-1299 ファックス:048-829-1967

WEBサイトへ

PAGETOPへ