お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

【30年度】

修学旅行生が利用するホテル,旅館への耐震化補助制度

  • 京都府京都市
  • 経営改善・事業承継
  • 設備投資

登録機関:京都府京都市

目的

京都市の観光を支える重要な施設であるとともに,災害時に重要な役割を担うホテル・旅館がさらに安心安全な場所となるよう,修学旅行生が利用する災害時に一時滞在施設であるホテル,旅館を対象に,耐震診断,耐震改修計画作成及び耐震改修に要する費用の一部を補助します。

対象者の詳細

次のすべてに該当すること。
・補助対象建築物において旅館業法の許可を受け,ホテル営業,旅館営業又は簡易宿所営業を営む者
・中小企業基本法第2条第1項各号に定める中小企業者である者
・補助事業を実施する者

対象建築物の主な要件
・本市の区域内の建築物で,昭和56年5月31日以前に着工された建築物
・ホテル,旅館で,階数3以上かつ延べ面積1,000㎡以上5,000㎡未満の建築物
・帰宅困難者の一時滞在施設で,修学旅行の受け入れについて一定以上の実績(修学旅行の宿泊日が,平成29年度に10日以上 又は 平成25年度から平成29年度の間で2ヵ年以上,修学旅行の宿泊日が10日以上)を有しているホテル,旅館

支援内容・支援規模

1 耐震診断への補助
補助金の額 耐震診断に要する費用の3分の2

上限額200万円

2 耐震改修計画作成への補助
補助金の額 耐震改修計画作成に要する費用の3分の2

上限額300万円

3 耐震改修への補助
補助金額 耐震改修工事に要する費用の3分の2

上限額2,000万円

※それぞれの要件については、WEBサイトをご覧下さい。

募集期間

随時

※補助事業の着手前に,必ず「事前協議」及び「交付申請」の手続を行ってください。

・事前協議は「京都市民間建築物(非木造建築物)の耐震化対策事業に係る事前協議実施要領」に定める規定に従い申請を行ってください。
・交付申請は「京都市修学旅行生が利用するホテル,旅館の耐震化対策事業補助金交付要綱」に定める規定に従い申請を行ってください。

問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築安全推進課

電話:075-222-3613

ファックス:075-212-3657

WEBサイトへ

PAGETOPへ