お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

製販一体型新製品開発支援事業

事業化チャレンジ道場(売れる製品開発道場/事業化実践道場)

  • 東京都
  • 研究開発/商品・サービス開発

登録機関:東京都

目的

デザイン手法を用いた【製品開発プロセス】を体系的に学べる≪売れる製品開発道場≫(1年目)と、試作品モデルをベースに、新規事業として立ち上げるまでの【事業化プロセス】を支援する≪事業化実践道場≫(2年目以降)からなる、継続的な製品開発・事業化支援事業です。

対象者の詳細

○都内に主たる事業所を有すること。
○自社技術等を活用して、新製品・自社製品の開発を目指す都内中小企業
 ※ソフトウエアやビジネスモデルのみの開発等は対象外

≪受講料≫1企業 7万円(税込) ※1企業3名まで受講可

支援内容・支援規模

≪売れる製品開発道場≫(1年目)開発前のマーケティングから設計・デザイン、試作までの製品開発を自社のテーマに沿って実際に進める中で、新製品開発に関する問題解決能力を高めるため、講師が適切な助言や問題解決に向けた指導を行います。【講座:14回  ものづくり実習:2回  現地指導:4回程度】 

≪事業化実践道場≫(2年目以降)売れる製品開発道場を修了した受講者(企業)が、2年目以降試作品のブラッシュアップから完成品化・量産化、営業・販売に至る事業化プロセスをハンズオン支援します。プロジェクトチームを編成し、外部専門家が支援企業の状況に応じて適切な助言を行います。【講座:4回  現地指導:12回程度】

募集期間

平成28年4月1日から平成28年5月18日まで

※毎年度4月上旬~5月中旬頃に募集

対象期間

◆実施会場:城南支社(東京都大田区南蒲田) 平成28年6月1日から平成29年1月18日まで

◆実施会場:多摩支社(東京都昭島市東町) 平成28年6月8日から平成29年1月25日まで

問い合わせ先

公益財団法人東京都中小企業振興公社
≪城南支社≫
〒144ー0035 東京都大田区南蒲田1-20-20 城南地域中小企業振興センター 電話 03-3733-6284

≪多摩支社≫
〒196-0033 東京都昭島市東町3-6-1 産業サポートスクエア・TAMA 電話 042-500-3901

WEBサイトへ

PAGETOPへ