お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/04/19

自ら体験したヒプノセラピーの世界を多くの人に。開業は夢への第一歩にすぎない

積極的に宣伝・集客するものではないからこそ、人となりを知ってもらい信頼関係を築くことが大切

  • Sibata Rie/Blue Stellar Garden

ヒプノセラピー(催眠療法)のサロンを開業したSibata Rieさん。開業の第一歩となったきっかけは、自らの病気だったそうです。サロン開業の経緯や、経営の難しさなどお聞きしました。

ヒプノセラピー(催眠療法)のサロンを開業されたきっかけについて教えてください。

4年ほど前に子宮頸がんと診断された後、ヒプノセラピストとして活躍されている女優の宮崎ますみさんのセラピーを受けたことが転機になったんです。潜在意識を通じて自分の心や身体と対話できたことで病気との向き合い方だったり、がんになった原因なども自分なりに理解が出来て、前向きな気持ちになれたんです。幸いにもがんも完治して、ヒプノセラピーの効果も実感できたし、興味をもったので宮崎さんのもとでセラピストの資格を取得しました。その後、私のセラピーを受けた友達の口コミでお願いされることが増え始め、それならば仕事にしてみようと思ったのが開業のきかっけですね。元々、フリーデザイナーとして自宅で仕事をしていましたから、肩書が増えるくらいの感覚で、開業へのハードルはさほど高くなかったんです。

Sibata Rie

1978年、神奈川県生まれ。大学でデザインを学び、デレビ局のデザイン部にグラフィックデザイナーとして勤務。その後、フリーランスのデザイナーとして独立。2013年、子宮頸がん Class4 (0期)と診断され、ヒプノセラピーを受けたことで病に対する不安や恐怖心が消え、その効果を実感。幸いにも初期の検査治療のみで完治。この体験から2014年にヒプノセラピストの資格を取得。2015年に、自宅にてサロン「Blue Stellar Garden」をオープン。

Blue Stellar Gardenhttp://blue-stellar.com/
神奈川県横浜市中区

誘導法を用いながら、心と体を深くリラックスした状態へと誘導していく、ヒプノセラピー(催眠療法)サロン。完全予約制。原則、女性専用。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ