お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/01/05

薬膳料理で勝負。そのジャンルが持つイメージを打破することが大切だと思っている。

美味しいのは当然として、それに薬膳的要素がないと継続的に選んでもらえる店にはならない。

  • 山邉 智敬/薬膳ダイニング 縁ゆ

漢方の考えをベースに、日本人の身体に合わせて創る「薬膳ダイニング 縁ゆ」。素材の効能や、旬の味覚を活かし、体質に合わせた料理を堪能できる。

「縁ゆ」は薬膳料理の専門店とニッチなジャンルだと思いますが、そもそもなぜ薬膳料理を選んだのでしょうか。

大学時代に世界中を旅して回っていたんです。その過程で日本の文化や食は素晴らしいなと改めて実感したんですよね。それに世界の都心部は似たような街並みだけど、その土地の特色や特産物がある地方の方が面白いと思うようになったんです。

僕の出身地は高知。田舎だけど自然や素晴らしい食材があるんです。地元でこだわりを持って無農薬野菜を栽培する農家の方とも知り合いになり、もっと広めたいと思ったのがそもそも飲食業に進むことになったきっかけでもあるんです。

山邉 智敬

1986年生まれ。高知県出身。大学卒業後、多店舗展開を行う飲食店経営会社を経て、薬膳レストランに勤務。同時に漢方の専門学校に通いつつ、知識を身に付ける。2016年4月に「縁ゆ」をオープン。漢方養生指導士、薬膳アドバイザーとしてセミナーも行う。

薬膳ダイニング 縁ゆhttp://yakuzen-enyu.com/
東京都目黒区緑が丘2-16-19 グリーン自由が丘2階

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ