お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/02/17

「プレミアムフライデー」って未だ使えるのか?

2017年2月24日からスタートしたプレミアムフライデー。その取組みの仕組みと飲食店や小売店がビジネスチャンスとなるためには何をするべきか?を考察します。

プレミアムフライデーは、アメリカで「ブラックフライデー」と呼ばれる、感謝祭の翌日、11月の第4金曜日に行われる大規模なセールを参考にしていると言われています。日本語では「黒字の金曜日」ですが、まさに「赤字のお店でもこの日は黒字になる」というイベントです。ショッピングモールを展開するイオンでは、2016年にブラックフライデーに合わせたセールを開催し、黒字を達成したと発表しました。日本版ブラックフライデーでも目に見えて消費拡大があったことから、プレミアムフライデーも一定の消費拡大の可能性があります。

「プレミアムフライデー」って何?

プレミアムフライデーは、政府および経団連が中心となって実施する取組みのことで、月末の金曜日、午後3時の退社を推進し、食事や買い物、旅行といった余暇を楽しめるようにする制度です。働き方の改革はもちろん、消費の拡大を目的としています。

「プレミアムフライデー」を集客に活用する

未だにふんわりしている「プレミアムフライデー」。飲食店や小売店がどのようなイベントを行うのが正解なのか、分からない状態です。しかし、乗ってみる価値はあります。

飲食店は、夜営業を15時にスタートする

プレミアムフライデーは15時退社が基本です。飲食店であれば、15時にはお店を開店しましょう。スタッフの調整は大変かもしれませんが、最初は手当を出すなどしてでも、最低数を確保する価値はあります。

「目玉商品」を投入

ただ「15時から営業しています」「セール品用意しました」では、定期的に実施しているプロモーションと何ら変わらなくなってしまいます。プレミアムフライデーならではの「目玉商品」を考えて投入しましょう。
ここに例を挙げると
・限定数セール品で、15時退社→直行で来店を促す
・「まぼろしのお酒」のような商品を、15~17時だけ提供する
・プレミアムなノベルティの配布
・15-17時に当選確率が上がる抽選・懸賞を実施する
・「振る舞い酒」のような「振る舞い飲食物」の配布
など
ポイントは「この時間だけしか提供しない”価値ある”モノ」を出すこと。他に代替がなければ、欲しいと思う人が絶対に来店してくれるからです。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ