お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2016/12/01

物件探しの重要ポイント3点と内装の基本をおさえる

立地選びは開業後の経営に大きな影響を与える重要なポイントです。内装工事は開業資金の中でじっくりと計画を練らなければならなく、妥協や失敗は許されません。ここでは小売り、飲食、美容店開業の立地調査から内装完了までにおける重要ポイントをお伝えします。

物件探しのポイント

ポイントは大きく分けるとこの3つ。
・お客様が見つけやすい物件である
・お客様が行きやすい場所である
・その土地にターゲットとするお客様がいる
店舗のコンセプトによっては上記ポイントのどこに主眼を置くかが、物件探しの第一歩です。
例えば、「隠れ家風にしたい」なら、3番目の「ターゲットとなるお客様がどれぐらいるのか」を重視する必要があります。
ファミリーのお客様に来て欲しい場合は「見つけやすさ」、「行きやすさ」に焦点を絞る必要があるのです。

物件の家賃

お客様が見つけやすく、行きやすい優良物件は、必然的に地価や家賃が高くなります。また、店舗ビルなどは階数が低いほどお客さんのアクセスがよくなるので、その分家賃も上乗せされます。
家賃は固定費なので店舗を運営し続ける限り毎月発生。長期的に見て無理のない家賃を選択しましょう。

交通量と人通り

物件の紹介を受ける際に「交通量や人通りが多いので、来店者数が多くなります」と言われることがあります。しかし、交通量が多くても、行動の目的が異なれば立ち寄ることもなくなり、通りに人が溢れていても、通勤で人通りが増えているだけなのかもしれません。サービスのターゲットではない層が大部分を占めている可能性もあります。物件選びには人の流れや構成にも目を向ける必要があります。

ターゲットの絞り込み

例えば、店舗のコンセプトにあったお客様が開業予定の場所にどのくらい往来しているか、居住しているのか調べることは必須。具体的に設定したターゲット像を基にサービスを作っていくことで、競合にない強みを持つお店を作ることに役立ちます。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ