お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2018/10/16

飲食店開業に必要な資金調達の4つの方法

飲食店を開業する際には、たくさんの開業資金が必要になります。そんな時に、どんな資金調達の方法があるのでしょうか。開業資金の調達には、自己資金の他、知人や親族からの融資や出資、日本政策金融公庫や信用金庫・銀行からの融資といった方法があります。極力、開業資金は自己資金で賄えることが理想です。それが難しい場合は、知人や親族からの融資や出資を考えましょう。それもない場合は、日本政策金融公庫での融資を検討しましょう。
飲食店を開業しようと思うと、立地のいい物件や、厨房機器、店舗の内装費などなど、意外と費用がかさんでしまいますよね。安定的に飲食店を始めようと思うと、一般的にはおよそ1000万円以上の資金が必要であると言われています。とにかく、飲食店を開業する時は資金がたくさんあったほうが安心できますよね。
このページでは、そんな開業資金を調達する際に知っておきたい4つの資金調達方法について、それぞれのメリットやデメリットを挙げながら解説していきます。

親族や知人からの援助は融資の時にプラスに働く

さて、飲食店の開業資金は、できれば自己資金ですべて賄うことができるのが一番簡単です。1000万円ものお金をコツコツ貯めている時間なんてない、貯められないという方は、当然別の資金調達方法を考える必要があります。

まず、初めに挙げられるのは親族や知人から資金を調達する方法でしょう。

一般的にお金を融資してもらうとなると、金融機関などでは、融資を受ける側の収入や資産によって融資可能な金額が決まってしまいます。

土地を自ら所有している、自己資金をたくさん持っているというならば、こうした融資を受けて…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ