お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • ポイントカードは魔法のカード!「得したい!」というお客様の心理をえぐって売上アップを狙う

2018/09/25

ポイントカードは魔法のカード!「得したい!」というお客様の心理をえぐって売上アップを狙う

提示するだけでお得な特典や還元が受けられる嬉しいアイテムであるポイントカードは、お客様はもちろんのこと、実は店側にとっても嬉しい魅力がいっぱいです。
では、飲食店でポイントカードを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

ポイントカードを導入するメリット

ポイントカードは、今や、店側にとっては、なくてはならない販促ツール。
上手に導入すれば、お店の売り上げアップも大いに期待できます。
そして、飲食店がポイントカードを導入する第一の目的はズバリ、お客様の固定化を狙った囲い込み。
では、実際にポイントカードを導入すると、具体的にどんなメリットが見込めるのでしょうか?

リピーターの獲得が見込める

ポイントカードは、お客様にお持ち帰りいただくことで、カードそのものが宣伝媒体となります。
これは、店側にとってはかなり大きなメリットです。
お客様にとって、無料サービスや割引特典を受けられるクーポン券やポイントカードは確実に嬉しいものです。
しかし、クーポン券の場合、利用時限りの来店となってしまう可能性は無きにしも非ず…。
しかし、ポイントカードであれば、クーポン券のように店側が回収することはないので、お客様の手元にずっと残り、印象にも残りやすくなります。
クーポン券は来店のきっかけ作りに、ポイントカードは、リピーターの獲得に役立つ販促ツールとして頭に入れておきましょう。

メールマガジンやDMの送信が可能

ポイントカードが優れた販促ツールとされるその理由の一つに、お客様個人の情報を獲得しやすいというのがあります。
例えば、ポイントカードを登録・発行する際にお客様の名前、住所、年齢、メールアドレスなどを伺っておけば、お客様それぞれの年齢や地域性を加味した、ピンポイントなDMの送信が可能になります。
また、ポイントカードを読み取る専用機器やソフトなどを導入すれば購買(利用)履歴等の詳細なデータも得ることが可能となり、より明確な販促活動が実現します。
昔ながらのスタンプタイプのポイントカードであれば、サービスをご利用いただく前に、ポイントカードに直接お客様の個人情報を記入してもらうことを徹底しましょう。
スタンプタイプのポイントカードには、お客様の最終来店日を書いておくことも忘れずに。
最終来店日を毎回確認することで来店頻度が明確になるので「おひさしぶりですね」、「いつもご利用ありがとうございます」など、お客様とのコミュニケーションも取りやすくなり、店の印象もお客様の心に残りやすくなります。

客単価のアップ

飲食店のポイントカードは、1,000円で1ポイントといったケースが多くみられます。
実はこの「1,000円」という金額設定がまさに「ポイント」なのです。
これは、あと一皿、あと一杯注文すれば1ポイント増えるな…などと、お客様に思わせる絶妙な金額なのです。
ポイントを貯めたい!得したい!というお客様の心理を上手く利用した金額設定なのです。
集客率は良いが客単価が低く売り上げに繋がらない…ということに悩んでいる飲食店は一度、このようなポイントカードのサービスを取り入れてみても良いかもしれません。

競合店との差別化

お店独自のポイントカードは、競合店との差別化を図るためのツールとしても効果を発揮します。
例えば、同じような価格帯の飲食店が2店あったとします。
1つはポイントカードがある店、もう1つはポイントカードのない店。
つまり、「何らかの還元」がある店とない店のどちらを選ぶのか?ということ。
この場合お客様は当然「何らかの還元」がしてもらえる店を選ぶはずです。
しかし「何らかの還元」までの道のりが長いと、ポイントカードを捨ててしまう人がほとんどです。
「何らかの還元」つまり「ご褒美」までの道のりは、なるべく短めに設定しましょう。

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ