お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • キャッシュレス化に対応すべきか?飲食店キャッシュレス事情

2018/03/30

キャッシュレス化に対応すべきか?飲食店キャッシュレス事情

決済手段が多様化し、クレジットカードにデビットカード、交通系ICカードに、ポイントカードと、財布の中は、現金よりもカードでパンパンという人も、少なくないはず。
しかし、未だ、現金で支払う習慣が根強い日本は、世界的なキャッシュレス化の流れに、圧倒的な遅れをとっています。
世界的にスタンダードとなりつつあるキャッシュレス化の流れに乗り遅れないためにも、新しいお金の流れや仕組みをチェックしておきましょう。

そもそも、キャッシュレスとは?

「キャッシュレス」とは、その名が示す通り「現金を使用しない」という取引手段のことを指します。
銀行口座振替や、クレジットカードやデビットカードなどの国際カード、交通系ICカードやEdyなどの電子マネー、公共料金などをコンビニで支払う収納代行や、商品券やギフト券、プリペイドカードも「キャッシュレス」な取引方法の一例です。
このように、「キャッシュレス」な取引方法は、私たちの生活にも馴染みあるものばかりではあるものの、日本は諸外国に比べ、キャッシュレス化が遅れているのです。

つづきをよむ→

会員登録をすると
続きをご覧いただけます。

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ