お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • 開業ノウハウ
  • 接客の基本をアルバイトに教える際はどこに気を付ければいい?

2017/11/02

接客の基本をアルバイトに教える際はどこに気を付ければいい?

アルバイトを雇った際は接客をはじめ、さまざまな仕事を覚えてもらわなければなりません。
しかし、経営者側が仕事の教え方を理解していなければ、アルバイトの方も戸惑ってしまい、それがお客様にも伝わってしまうこともあります。
そうならないためにも、接客の基本は押さえておきましょう。

課題を分かりやすく伝える

やるべきこと、やってほしいことはきちんと伝えるようにしましょう。
「この場合は○○と言う」、「お帰りの際にはこうやってお辞儀をする」など、実際に例を提示して実演することで、やらなければならないことが明確に伝わります。

指示するときには理由も伝える

接客について、ああしなさい、こうしなさいというのではなく、なぜそうするべきなのかを明確な理由を合わせて説明します。
接客の基本としてそうしなければならない理由があることを合わせて説明し、きちんと理解した上で行動に移せるように指導しましょう。

お客様からの声をきちんと伝える

「あのスタッフのあいさつが気持ちよかった」、…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録すると、
開業に役立つコンテンツが
“ずっと無料”で利用可能です!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!1000件を超える物件情報を掲載!
・物件選定のコツをまとめた資料や創業計画書のフォーマットがダウンロード可能

PAGETOPへ