お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

  • HOME
  • お店ノウハウ
  • 消費税を納めなくてよい方法を知って得をする!飲食店など個人事業主の「消費税」3つのポイント

2017/10/26

消費税を納めなくてよい方法を知って得をする!飲食店など個人事業主の「消費税」3つのポイント

消費者は企業に消費税を預け、日本では企業や事業主は消費者から預かった消費税をまとめて納税するという決まりがあります。
つまり、消費税納税義務者は、商品を売上げ・代金を受け取った者、企業であり、事業者であるということになります。
8%(2017年現在)といえど、年間にかかる消費税は大きな金額です。
しっかりとした知識の上で申告・納税を行う必要があります。

企業・個人事業主が納めるべき消費税とは?

消費税はサービスや対価に対して「支払う」ということと、企業や個人事業主にとっては、消費者から預かった消費税を税務署に申告し納めるという要素があります。
ただし、企業や個人事業主も仕入れなどで消費税を支払っているため、実際に税務署に納める消費税は、消費者から預かった消費税から仕入れ等で払った消費税を控除しています。

つづきをよむ→

メールアドレスの登録だけで
続きをご覧いただけます。

会員登録すれば、
そのほかコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・1,000件以上の店舗物件情報から物件探し
・開業・店舗経営に役立つ100以上の記事閲覧
・約100件掲載!「開業前に気をつけたいことは?」開業者へのインタビュー閲覧

PAGETOPへ