お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/07/13

宣伝をエリア全体で実施する【インタビュー】

商店街や商業ビル、フードコート、催事・イベント、飲食店が集まるエリアなどで、一気に宣伝・販促する方法は、大きな集客が期待できるほか、コスト・工数の削減、ブランディング、長く安定した売上につながるなど、不随する効果も高い販促方法です。
現在、日本屈指の観光地である「出雲大社」の周辺は、10年ほど前まで観光客が飲食やお土産を買うというようなことはなく「ただただ参拝客が通り過ぎる」だけの通りだったそうです。そんな通りを、町全体で活性化させ観光客が立ち寄るようにするために活動をされてきた「神門通り甦りの会」の事例から、販促のヒントを探ります。「神門通り甦りの会」の多々納光教さんにお話しをうかがいました。

「行ってみたい」そう思わせる動機付けの施策とは?

のぼりを立てるなどの「誰の目にも見える施策」

多々納: 今でこそ活気がある神門通りですが、シャッター街になったのは1990年のJR大社線の廃線がきっかけでした。参拝客は車とバスで出雲大社に隣接する駐車場を利用するようになり、やがて商店街を歩く人は消え、空き店舗ばかりが目立つ通りになったんです。「神門通り甦りの会」は地元商店街の有志などで結成したボランティア団体で発足したのは2008年。その当時も人通りはほとんどなく、車が行き交うばかり。そこで考え付いたのが「神門通り」と書いたのぼりを通りのあちこちに立てることでした。ポイントは車に乗っていて…

つづきをよむ→

【無料】SNSでログインメールアドレスで会員登録してすべてのコンテンツをみてみよう!

会員登録していただくと、
その他のコンテンツも
“ずっと無料”でご利用できます!
・500記事以上!儲けるための開業・経営・資金の情報が盛りだくさん
・充実の店舗物件情報!約1000件の物件情報を掲載!
・【会員限定】お役立ちコンテンツがダウンロードし放題!

PAGETOPへ