お店のこと、はじめる前も、はじめた後も。

2017/10/26

iPadレジで経営データをひと目で把握!

厳選された美味しい肉料理や、赤ワインとよく合う「鹿角(かづの)牛」のサーロインステーキなど豊富なメニューがいただける肉バル「麻布肉バル CICCIO/チッチョ」。オープン時よりiPadレジを使用している店長/Chief Managerの岡田貴裕さんに、使った感想や、経営データの活用方法について伺いました。

サービス導入者

店長/Chief Manager岡田貴裕

麻布肉バル CICCIO/チッチョhttps://hitosara.com/0006080209/
東京都港区麻布十番2-8-10 パティオ麻布十番2F

iPadレジを使用するにあたって不安な点などはありましたか?

これまでに「メカレジ」、「ガチャレジ」と言われる、よくある普通の大きなレジしか使ったことがなかったので、最初は自分に使いこなせるか多少不安な気持ちは正直ありましたが、毎日使っている今、あの不安は何だったのかと思うほど、特に難しいと感じることもなく普通に使っています。操作方法だけでなく、iPadレジを使うために必要な機材についてなども丁寧なサポートがありました。
オーダーを受けるハンディ端末が3台ありますが、iPod touchを利用するので、普段使っているスマホ感覚で簡単に使えます。よくファミリーレストランなどで見かける大きなタイプよりも使いやすいと思います。

経営データはどのように活用されていますか?

リアルタイムの売上集計管理ももちろん便利ですが、私がよく使っているのは売上実績の自動分析機能です。いわゆる「ABC分析」の画面をいつも見ています。
店長としては、実際に何がよく売れているのかを把握しておきたいものです。この機能により、メニューごとに売上げた金額や個数の高い順に3等分されて表示され、売れ筋メニューを簡単に把握できます。うちはメニューを大きく変えたので、メニュー内容、仕入れ数を変更する際に、このデータはとても重宝しました。

iPadレジ導入の決め手はどういった点ですか?

決め手は導入コストが低いこと。そして機能性ですね。
私が使ってみた感想としてUSENのiPadレジには、飲食店で必要な機能はほとんど揃っていると思います。当店も毎月行なっていますが、月次単位でレシート出力もできますし、不満に思う点はありません。POSレジの機能は欲しい、ただ高いコストは導入に際して障壁になります。iPadレジを導入するために必要となるコストが低く抑えられたのは、非常に助かりましたね。

導入サービス「USEN Register」

注文からお会計まで簡単、素早く、正確に!多機能ながら直感的な操作感を実現したiPad用Posレジアプリ。

サービス詳細を見る

サービスの詳細については、以下よりご連絡ください。

お問い合わせする

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

0120-117-440(年中無休 9:00~22:30)

PAGETOPへ